これまでの施術例Caselist

首の痛み・背中のはり

【お悩み】
以前から首のこりや背中のはりを感じていましたが、デスクワークで在宅勤務になってからより痛みが強くなり、辛くなりました。

首の痛み・背中のはり(50代・男性)

施術メニューカッピング(吸い玉)+からだの鍼
施術回数5回
施術頻度2週間に1~2回
【鍼灸師の見立て】
デスクワークで同じ姿勢を続けているため、全身が硬くなっています。前傾姿勢により首や体幹に負担がかかっているのが伺えます。
【施術内容】
「カッピング(吸い玉)+からだの鍼」の施術をしました。
先にカッピングで血流を促します。カップを頚肩背部につけ、様子を見ながら10分ほど置きます。その後場所をずらして、さらに10分置きました。
カップを外したら、下肢より鍼を刺します。よりほぐれやすくするため、上半身の鍼に電気を通しました。頚肩背部と腰臀部にそれぞれ10分の置き鍼をしました。
【施術後のケア・アドバイス】
3回の施術で、首の痛みがなくなり、背中のはり感が減少したので、今後は月に1回ほどのメンテナンスにしましょうとお話しました。

【今回の施術メニュー】
カッピング(吸い玉)+からだの鍼

カッピング(吸い玉)について