カッピング(吸い玉)Cupping

カッピング(吸い玉)

からだがだるい・重い、つらい疲れに

プラスチックのカップを利用して筋肉をほぐし、血流を促進する方法です。血流を促進することで、肩こりや腰痛などのこりをケアします。冷えやむくみの改善も期待できます。

体の深部にまでアプローチができるので、アスリートなどスポーツ選手も利用することで知られています。

point

こんな方におすすめです

  • 疲労感が抜けない
  • 体が重い・だるい
  • デトックスしたい
  • 筋肉痛・運動後のケアがしたい
疲れがとれない

point

カッピング(吸い玉)のしくみ

カッピング(吸い玉)は、カップを体の不調となるコリや硬いところに当てて、中を真空状態にして、皮膚を吸引します。これによって皮膚がひっぱられ、滞っている血液やリンパの流れをスムーズにし、老廃物の排泄を促します。

血液やリンパの流れがスムーズになると、新鮮な酸素や栄養素を体の隅々にまで行き渡らせることができます。

カッピングのしくみ

point

カッピングの跡・あざ

カッピングのよいところは、強弱の調整ができるので、痛みも少なく、もみ返しもほとんどないことです。ですが、カップを置いたところに、施術後に内出血のような独特な丸い跡が残ります。 背中などを露出する服を着る予定のある方は、ご注意ください。個人差がありますが、およそ1週間前後で消えますので、スケジュールに余裕をもっていらしてください。

カッピングの跡

色素反応によって滞った血液の様子が皮膚表面に現れるもので、コリの強いところや老廃物が多くたまっているところほど色が深く濃くなり、消えるまでの日にちもかかります。

色の違いが場所によって異なるので、自分の目に見えて、体の調子の悪い箇所がわかり、健康状態を把握できることもカッピングのポイントです。

その他にも気になる点や
ご不明点がございましたら
お気軽にお問い合わせください。