肩こりがくすみになる?

●「疲れてる?」と聞かれることが増えた
●なんとなく老けた気がする
●体調は悪くないのに顔色が悪い

こんなことありませんか?

これらは肌の「くすみ」のせいかもしれません。
肌がくすんでいると、老けて見えたり、疲れて見えてしまいます。

冬は体が冷えるので、代謝が下がって血行も悪くなり、顔色がくすみやすくなります。 また乾燥で肌の水分が蒸発し、ハリやツヤが失われ、肌本来のトーンよりも暗く見えてしまいます。

肌がくすむのはなぜ?

血行不良

皮膚の下に流れる毛細血管の血液の色が透けて、ほんのり赤味をおびているのが、くすみのない、本来の「血色のいい顔色」です。

これが血流が悪くなると、肌の透明度が下がり、濁った色になります。目の下にクマができるのは、特に目の下の皮膚は薄く、血液の色がよく見えるからです。

ターンオーバー

血行が悪いと、肌のターンオーバーが遅れてしまいます。新しい皮膚を作る肌のターンオーバーが遅れると、古い肌が剥がれ落ちずに肌表面にとどまるため、肌の透明度が損なわれてしまいます。

さらに年齢と共に肌の代謝が低下するので、年齢とともにターンオーバーも遅くなります。

乾燥

空気が乾燥すると、肌の水分が蒸発して、キメが乱れて透明感が下がってしまいます。肌の透明感が失われると、本来の明るさよりも暗く見えていまいます。

糖化

お米や糖類などの糖質と肌のタンパク質が結びつくと、糖化が起こり、肌が黄色っぽくくすみます。野菜不足や糖質の摂りすぎなど、偏った食生活が多くの原因です。

くすみケアのポイント

顔の筋肉のコリ、首や肩まわりのコリを解消して血行促進くすみケア

くすみのケアは血流の改善がポイントになります。血流を妨げるのはコリです。コリが血流を妨げ、血液が行き渡りにくくなるのです。
顔のくすみは顔の筋肉のコリ、首や肩まわりのコリが深く関係しています。

そこで、そのコリを鍼やマッサージなどでほぐしていくと、血流がよくなり、くすみの改善につながります。

鍼灸師おススメのセルフケア

体の中から血流を改善するのが効果的です!そのためには
●体を温める食事
●適度な運動
●体を冷やさない

ことがポイントですね。
メニューで言えば「納豆ごはんにあじやさんまなどの焼き魚・ネギのお味噌汁」といった和定食のメニューがおススメです。体をあたためる+体内の水分量をキープできることから、白湯を飲むのも効果的です♪

その他にも気になる点や
ご不明点がございましたら
お気軽にお問い合わせください。

関連コラム

  1. 顎関節症・食いしばり

  2. ストレスでニキビができる?

    ストレスでニキビができる?

  3. 加齢のせいだけじゃない?頬のたるみケア

  4. 目もとのたるみケア

    スマホやPCでたるむ?目もとのたるみケア

  5. メンタルと胃腸を整える

    メンタルと胃腸を整える

  6. ハリの低下

    肌のハリが失われる理由