どうして梅雨はだるくなるの?

どうして梅雨はだるくなるの?

●体がだるい、重い…
●眠気がとれない、朝すっきり起きれない
●頭痛がひどくなる
●めまいがする

梅雨のこの時期、なんだか眠気がとれない、体がだるい、重いという方も多いのではないでしょうか?

気圧の変化の影響

「雨の日や雨の前日は、頭が痛い」

「台風の前になると、どうも体調が悪い」

こういった体調不良は気圧の変化の影響です。

特に耳の奥の「内耳」という部分が気圧の変化を感じます。

内耳

 

天気が崩れる時に徐々に気圧が下がり、内耳が敏感な人はそれを感じとり、脳に情報を送ります。

すると自律神経が乱れて頭痛・めまい・耳鳴りなどが発生するのです。

気圧の低下

自律神経の乱れ

頭痛・だるさ

無性に悲しくなったり、イライラしたりする場合もあります。

人によって程度の差こそありますが、誰にでも起こりえる症状で、近年増えていると言われています。

◆耳マッサージで予防
耳の周りの血流が悪いと、内耳のリンパが滞り、めまいや頭痛を引き起こしている可能性があります。そんな時は耳をくるくるマッサージするのがおすすめです。両耳を軽くつまんで、上~横~下へとゆっくりひっぱったり、ゆっくり回したりして、血流をよくしてあげましょう。

梅雨の湿気で体内のめぐりが悪くなる

雨が続く梅雨の時期は、雨による湿気の影響で、体に余分な水分がたまりやすくなります。

水分自体は体に必要なものですが、必要以上な余分な水分は体にたまると、体内のめぐりが悪くなり、頭痛やむくみ、めまいなどの原因になると言われています。

湿度が上がる

水分が体にたまる

体内のめぐりが悪くなる

むくみ・めまい

さらに余分な水分は胃腸を弱らせ、食欲不振や消化不良が起きやすくなるので、それが体調不良にもつながります。

乾燥する秋には「食欲の秋」と言うほど、食欲が増し、消化が良くなるので、その反対ですね。雨

梅雨のだるさをすっきり!ケア

梅雨の体調不良を整える対策としては、

  • 冷たいものをとりすぎない
  • 胃腸に負担をかけないようにする
  • 適度に汗をかく
    など、まずは普段の生活で気を付けてみましょう。

食事は温かいものやあっさりしたものがおすすめですが、食事をイチから変えなくても、「よく噛んで食べる」「腹八分にする」だけでも胃腸の負担を減らせます。

食事の他にも、ゆっくりとお風呂につかるのも大切ですね。

お風呂

鍼灸師のおススメ

●胃腸を元気にする
しいたけ・まいたけ・豆腐・納豆

●体を温めて体内の循環を促進する
ショウガ・ミョウガ・ニラ

●余分な水分を排出する
ハトムギ・トウモロコシ

お味噌汁にすると、簡単で、温かく食べる事ができるのでおすすめです♪

ひどい頭痛や深く眠れないのは、自律神経の乱れにあるかもしれません。

悠然堂では自律神経パルス(筑波大式低周波鍼通電療法)を行っており、副交感神経を優位にし、自律神経のバランスを整えていきます。

悠然堂は心も体もよりすこやかな毎日を送るサポートをします。お悩みの方はぜひ1度ご相談くださいませ。

その他にも気になる点や
ご不明点がございましたら
お気軽にお問い合わせください。

スタッフ

悠然堂治療院 横浜鶴見店 045-642-8125
JR鶴見駅・京急鶴見駅徒歩3分
営業時間:11:00~20:00
定休日:火曜日
【横浜鶴見店】ネット予約

悠然堂治療院 川崎店 044-589-3967
JR川崎駅・京急川崎駅より徒歩7分
平日/13:00~21:00 土日/11:00~21:00
定休日:火曜日
【川崎店】ネット予約

関連コラム

  1. 気分が落ち込む五月病のケア

    気分が落ち込む、五月病のケア

  2. 秋の上手な過ごし方

    秋の上手な過ごし方

  3. 春のゆらぎに効くツボ4選

    眠れない、イライラ、だるい、春のゆらぎに効くツボ4選

  4. 鏡を見る女性

    血の停滞がシミをつくる?

  5. ココを温めればからだ全体が温まる!

    ココを温めればからだ全体が温まる!

  6. 初夏の頭痛をラクにするおうちケア

    初夏の頭痛をラクにするおうちケア