眠れない、イライラ、だるい、春のゆらぎに効くツボ4選

春のゆらぎに効くツボ4選

「寝つきが悪い、夜中に目が覚める」
「なんだかイライラする!」
「疲れやすい…」

春がやってくるというのに、このように感じたことありませんか?

春の訪れる時期は、花などの植物が目覚めるように、私たちの体や心も目覚め、不安定になりがちです。気温の変化が激しいので、自律神経の乱れにも注意が必要です。めまいや頭痛を始め、寝つきが悪い・眠れない、花粉症や皮膚のかゆみなども起こりやすくなります。

不安定になりがちな体と心のパワーをおぎなうために、上手にストレスを発散させ、緊張した体の血行をよくしてあげるといいですね。

春のゆらぎ・不調のワケ

春になると、冬の間静かに眠っていた自然界のものは、次々と起きだして活動を始めます。それは私たちの体や心も同じです。動き始めるとよいエネルギーだけでなく、悪いエネルギーも発散するため、持病やアレルギーの症状が出やすくなります。

また、春の陽気は上にのぼりやすく、頭痛・めまい・耳鳴り・花粉症や情緒不安定になったりと、体の上半身に症状が集中しがちです。

春のゆらぎに効くツボ4選

◆心身のリラックスに【神門】
手首の内側のしわの上、小指側の骨の横のくぼんだところ

◆全身の調子を整える【百会】
頭のてっぺん。頭頂部のほぼ真ん中、左右の耳の一番高いところを結ぶ線上

◆一日の疲れをとりたいときに【足三里】
ひざのお皿のすぐ下、外側の骨の下のくぼみから指4本分ほど下

◆なかなか眠れないときに【失眠】
足の裏、かかとの中央の少しへこんだところ

朝の散歩へでかけよう

朝の新鮮な空気を吸うことで、体のなかの「気」のめぐりがよくなり、一日を快適に過ごせます。また、太陽の光には体内時計を整えたり、気分を安定させるセロトニンや、免疫力をあげるビタミンDをつくる力があります。1日15分程度でよいので、太陽の光に当たって体と心を整えましょう。

無理せずリラックスしよう

自分でも気がつかないうちに、体がかたくなっていませんか?体のスイッチをオフにして、ストレスで緊張した体をほぐしましょう。鍼灸も体をほぐすお手伝いをすることができます。

体を冷やさないようにしよう

冷えは頭痛やアレルギー症状を悪化させるので、下半身や足首を冷やさないようにしっかりと温めましょう。食べ物は生野菜や乳製品など、体を冷やすものは控ええましょう。野菜なら温野菜にするのがおススメです。

もちろん鍼も体のスイッチをオフにするサポートをします。「鍼をした日の夜はよく眠れる」というお声をよくいただきます。お悩みの方はぜひ1度ご相談くださいね。

心も体もよりすこやかな毎日を。

その他にも気になる点や
ご不明点がございましたら
お気軽にお問い合わせください。

関連コラム

  1. 冬のプチうつプチ不調に負けない体づくり

  2. 花粉症と付き合うコツ

    花粉症と付き合うコツ

  3. 気分が落ち込む、五月病のケア

  4. 夏から秋へのむくみと疲れ

    夏から秋へのむくみと疲れ

  5. 女性に多い?クーラー病の対策とツボ

  6. どうして梅雨はだるくなるの?