花粉症と付き合うコツ

花粉症と付き合うコツ

だんだんと暖かくなって、春めいてきましたね。でもくしゃみや鼻づまり、だるさなど、花粉症の方にはつらい時期かもしれません。

一度なってしまったら、完全に治す!とはいかない花粉症なので、うまく付き合っていきたいですね。

点眼薬や飲み薬の服用、点鼻薬など、さまざまな対処法をみなさんされていると思います。その他にも日常生活に気を付けることで、弱っている鼻の粘膜や体は回復して、症状が軽くなります。

甘いものを控える

甘い食べ物・チョコレート・スナック菓子・インスタント食品・ファーストフードなどは食べ過ぎると、鼻炎が悪化し、炎症をおこしやすくなります。

冷たい飲み物・食べ物を控える

冷えは万病のもとと言いますが、冷たい飲み物や食べ物でお腹が冷える、体が冷えると、血行が悪くなって、アレルギー症状を悪化させると言われています。

夜更かしに注意

睡眠は体の回復にとても大切です。しっかり寝ることで、アレルギー症状で弱っている粘膜や体の回復を助けることができます。

食事の面では加工品など一般的に体に悪いイメージのあるものは避けるといいですね。体は正直です。食事と睡眠に気を付けて、弱っている体を助けてあげましょう。

鍼灸師のおススメ「焼き梅干し」
緑茶やほうじ茶にフライパンなどで焼いた「焼き梅干し」を入れて飲むと、花粉症や風邪のひきはじめに効果があります。ぜひお試しください♪

花粉症で会社や学校は休めない…、でも鼻づまりやだるさなど、症状は風邪と同じでつらいですよね。鍼でつらい症状をやわらげるツボもありますので、お悩みの方はぜひ一度ご相談くださいませ。

その他にも気になる点や
ご不明点がございましたら
お気軽にお問い合わせください。

関連コラム

  1. 夏から秋へのむくみと疲れ

    夏から秋へのむくみと疲れ

  2. 春のゆらぎに効くツボ4選

    眠れない、イライラ、だるい、春のゆらぎに効くツボ4選

  3. 冬のプチうつプチ不調に負けない体づくり

  4. どうして梅雨はだるくなるの?

  5. 気分が落ち込む、五月病のケア

  6. 女性に多い?クーラー病の対策とツボ