肌のハリが失われる理由

ハリの低下

●「疲れてる?」ってくすみのせい?
●ほうれい線が気になってきた…
●目の下のくまが気になる…

20歳をすぎるとコラーゲンは減っていく

肌のハリ・ツヤを守るコラーゲンは20歳を過ぎると急激に減っていきます。50代では20代の約半分までに低下してしまいます。

そもそもコラーゲンって何かというと…、体の中にもともとあって、ハリや弾力に大きな関わりを持つタンパク質の一種です。体内のタンパク質のほぼ30%を占めているものです。

紫外線や乾燥もハリ低下の原因に

紫外線は表皮を透過して真皮にまで届き、コラーゲンを傷つけてしまいます。また肌が乾燥することの角質層のバリア機能が低下するため、紫外線のダメージを強く受けるようになります。

特に目元・口元は要注意!

皮膚が薄いうえに、表情によって動きやすい目元・口元は、顔の中でも特にハリや弾力が低下しやすい箇所です。

Q.美容鍼がコラーゲンにいいの?

美容鍼は本来もっている自己治癒力を利用します。鍼によって刺激を与えると、細胞は傷つけられたと認識し、その部分を治そうとするためコラーゲンなどの生成を促進するのです。

その他にも気になる点や
ご不明点がございましたら
お気軽にお問い合わせください。

関連コラム

  1. 鍼灸師が教えるホームケア

  2. 美容鍼の乾燥ケア効果

    美容鍼の乾燥ケア効果

  3. ストレスでニキビができる?

    ストレスでニキビができる?

  4. 顎関節症・食いしばり

  5. マスク生活で老け顔に!?

  6. 目もとのたるみケア

    スマホやPCでたるむ?目もとのたるみケア