加齢のせいだけじゃない?頬のたるみケア

年々気になるほうれい線や顔のたるみ…、加齢のせいだけではないかもしれません。日頃の姿勢や表情のくせ、紫外線や乾燥などの肌ダメージからも頬はたるんできます。ほうれい線や口元のしわ、フェイスラインがすっきりしないなと感じるのも、頬がたるんできているサインです。

またこの時期、空気の乾燥によって肌の角質層の水分は保つことが難しく、頬の弾力性が失われて、たるみにつながります。

頬のたるみケアのツボ

たるみは顔の筋力を鍛えたり、コリをほぐしたり、血行を促すことでケアすることができます。美容鍼にも活かされているように、お顔には様々なツボがあります。その中でも頬のたるみをケアするツボをご紹介します。

頬のたるみをケアするツボ

●翳風(えいふう)耳たぶの後ろにある顎のつけ根のくぼみ
●頬車(きょうしゃ)あごの角の骨から指1本内側
●巨髎(こりょう)小鼻の外側から横へ親指2本分の所
●地倉(ちそう)口の端の外側

ツボを押すときはだいたいの場所でも充分効果があります。痛すぎない程度、気持ちよいと感じるくらいの加減で親指もしくは人差し指の腹を使って、押してみてください。

美容鍼の後のホームケアにも、ぜひお試しくださいね♪

その他にも気になる点や
ご不明点がございましたら
お気軽にお問い合わせください。

関連コラム

  1. ストレスでニキビができる?

    ストレスでニキビができる?

  2. 美容鍼の乾燥ケア効果

    美容鍼の乾燥ケア効果

  3. 知ってた?シミができやすい果物と野菜

  4. 目もとのたるみケア

    スマホやPCでたるむ?目もとのたるみケア

  5. 顎関節症・食いしばり

  6. 肩こりがくすみになる?